Blogブログ

IT導入補助金|申請の流れ

2020.07.09

IT導入補助金は、業務効率化の為ITツールを導入する場合に適用される補助金です。
業務効率化の為のITツールとは、勤怠管理、給与計算、販売管理、顧客管理などのシステムや、
ネットショップの構築、分析ツールの導入、また、その導入の為のコンサル費用なども含まれます。

導入しっぱなしでは、せっかくのツールを使えないので、
コンサル部分まで適用してくれるのは嬉しい。

今回は、そんなIT導入補助金に申込みたいと考えた時のステップをまとめてみましたので、
ご参照ください。

IT導入補助金は、IT導入支援事業者で登録されているITツールが適用とされるので、
ツールや、お近くの事業者を検索し、声掛けできている前提でお話いたします。

▶ITツール・支援事業者検索

STEP1|事前準備編

1.gBizIDの取得
 過去に取得していない場合は、gBizIDを取得してください。

 gBizIDの取得は下記より「gBizIDプライム作成」へ進んでください。
 https://gbiz-id.go.jp/top/

2.セキュリティアクション宣言の取得
 セキュリティアクション宣言を申請してください。
 一つ星でOKです。
 https://www.ipa.go.jp/security/security-action/it-hojo.html

 申請すると、アカウントID(4から始まる11ケタの番号)が発行されますので、
 アカウントIDは、IT導入補助金申請時に必要になります。
 ユーザー登録が複雑ですが、よく読んで進めていただければ大丈夫です。

3.各種証明証をご準備ください。
 法人の場合は、履歴事項全部証明書(3カ月以内のもの)、直近分の法人税の納税証明書(その1)もしくは(その2) 、
 この2つが必要になってきますので、ご準備をお願いいたします。
 準備ができましたら、スキャンなどして、PDF化しておいてください。

STEP2|IT導入補助金ページへの招待メールがやってくる!

準備が完了したら、補助事業者より、申請ページへの招待来ます。
招待が来たら、必要事項を入力してください。

補助事業者からの登録事項を入力し、
IT導入補助金ページへの招待後のSETPは完了です。

※ZoomなどのWEB会議システムを使い、画面共有しながらサポートいたします。

STEP3|IT導入補助金の申請をします!

準備編で用意いただいた書類(PDF)と、直近3ヵ年分の決算書をご準備ください。
ZoomなどのWEB会議システムを使い、画面共有しながらサポートいたします。

ヒアリングした内容をオンラインの申請フォームに登録していくだけです。
どのように記入したら良いかサポートいたしますので、
簡単です。

40分程度で申請は完了です。

あとは、採択を待つだけ😊😊😊

「IT」というキーワードでなんか難しいんじゃないかとお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、
業務効率化の為にシステム導入とうことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

7/9現在、8月末締め切りまで募集が出ておりますので、
ぜひご検討ください。

IT導入補助金|7月末・8月末締め切りが追加されました!

—————-

●社員さんが幸せになる中小企業向け基幹システム
 D3-ERP(ディースリーイーアールピー)
 https://www.daizu-lab.jp/d3erp/

●飲食店が笑顔になるオーダーエントリーシステム
 D3-PO(ディースリーピーオー)
 https://www.daizu-lab.jp/d3po/

●アクセス解析でモチベーションアップ
 GAレポート(googleアナリティクスレポート)
 https://www.daizu-lab.jp/lp/garep_g/

この記事を書いた人

SAORI

ページTOPへ