Blogブログ

IT導入補助金で生産性の向上をしよう!

2018.07.09

既にさまざまなところで目にしている方も多いと思いますが、IT導入補助金をご存知でしょうか?

正式には、「平成29年度補正 サービス等生産性向上IT導入支援事業」という名前です。経済産業省管轄の補助金で、予算規模としては500億円です。
サービス等の生産性向上のためにクラウドサービス等の導入をすれば、その導入費用の一部を補助しますよ。というものです。なので、ポスレジ導入して効率化したり、飲食店のオーダーエントリーを導入することで効率化したり、基幹システムを導入することで効率化したりすると国から補助金がもらえます。

いくらもらえるか?と言うと、導入にかかった費用の50%で、下限が15万円、上限が50万円です。
要するに100万円かけて、クラウドツールを導入すると50万円の補助が受けられるということです。
ただし、ハードウエアは補助対象にはなりません。

どんなツールでも勝手に導入していいのかと言うとそうではありません。IT導入支援事業者として登録された会社などに相談して、適切なITツールを選定して申請することが必要になります。
補助金を使って事業をおこなった場合は、その後5年間、その事業の成果報告をする必要があります。

既に一次募集は締め切っていますが、二次募集が始まっています。
二次募集の交付申請期間は、「2018年6月20日~2018年8月3日」です。
500億円の予算の交付先が決まれば、それで締切となりますが、三次募集があるかもしれません。
なので、導入したいと思っているなら、早めに動かないといけませんね。

クラウドサービスを導入して仕事を効率化しよう!というのが本来の主旨ですが、一部の条件を満たせばホームページの制作にも使えます。
今までホームページ持ってなかった個人事業者・法人が新規で作る場合はOK!
既にあるホームページへの機能追加はNG。
新規事業のために、新たにドメインを取得してホームページを新しく制作するはOK!
など、など。条件に合うか?どうか?は一度お問い合わせください。

この記事を書いた人

しゃちょー

ページTOPへ