Blogブログ

青春18きっぷの2024年夏の発売決定!発売期間は?今年の夏は、どこに行きますか?

2024.06.20

青春18きっぷとは

1982年3月1日に「青春18のびのびきっぷ」として、発売されています。その後、1983年の春から現在の名称に変わったということです。

通常、春・夏・冬の休暇期間に利用できるような感じで発売されます。

青春18きっぷは、JR線全線の普通列車・快速列車に乗車できる切符です。5回もしくは5人分が1セットになっています。特急や新幹線など乗車券以外の料金がかかる列車には乗れません。

1回は、1日の間であれば乗り降り自由です。もしも、乗車日は翌日にまたがる場合(要するに電車に乗っている間に日が変わる場合)は、乗車した列車が0時を過ぎて最初に停車する駅まで有効になります。ただし、東京、大阪の電車特定区間は、終電車まで有効です。

2024年夏は、5回1セット(1券片)で、12,050円です。おとなもこどもも同額です。
なので、1回あたりは2410円と言うことになります。

後ほど、おもいでに触れますが、東京から徳島まで、1回分で行くこともできます。時間はかかりますけど。

2024年の発売決定!発売期間は?

2024年の発売について、発表が例年より遅くなっていたため、もしかして、企画が打ち切りか?という噂が出ていました。

ところが、2024年6月18日に発売が発表されたようですね。

発売期間:2024年7月10日~8月31日まで
利用期間:2024年7月20日~9月10日まで
発売場所:「きっぷうりば」がある駅及び、サポートつき指定席券売機設置駅、上記の各駅周辺の主な旅行会社の支店・営業所

利用する場合のコツ

5回分が1枚の券になっています。そのため、5回(5人)も使えないよ!と言うひともいらっしゃると思います。その場合は、2つの方法があります。

  • 1つは新しい券をJRの窓口などで買って、利用が終われば金券ショップに売りに行く
  • もうひとつは、金券ショップに買いに行く

みなさんが考えるとおり、全部使いきれない!と言う人はたくさんいますので、金券ショップで流通しています。何回分の青春18きっぷありますか?と金券ショップで聞けば、購入することができます。

余った券を売る場合にも、比較的良いレートで買ってくれます。

青春18きっぷのおもいで①

昔、東京でサラリーマンをしていたとき、青春18きっぷをつかって、夏休みに地元に帰ったことがあります。

朝5時に、日野市の豊田駅というところを出て、乗り継いで徳島まで帰りました。

時間を見ながらではありますが、途中の乗継駅で駅弁を食べたり、外に出て、その土地の名物の食べ物を食べながら帰った記憶があります。

そう考えると、私の旅は、食道楽の旅が基本だな~と思います。

青春18きっぷのおもいで②

起業して間もないころ、伊豆にお客様がいらっしゃいました。

お金がないときに、どうしても訪問しなければいけないということがありました。

最近では、zoomでオンラインで打ち合わせが普通ですが、当時は、訪問してのお話が基本でした。

普通に行けば、新幹線で新神戸から熱海、そこから伊豆急行になる一歩手前の伊東と言うところに行きます。往復で3万ぐらいです。

そのとき、たまたま夏だったので、18きっぷで行こう!ということで、朝早く出て、普通電車を乗り継いで、伊東まで行き、その日中に帰ってきたという思いでがあります。

まとめ

みなさんも興味があれば、利用してみてください。お盆の時期とかは、18きっぷを利用している人が多いので、たまに、東京から名古屋まで、一緒の電車に乗りついで行く他人がたくさんいたりします。

今思えば、遠くに行くのも良いですが、ほどほどにして、途中下車を楽しむ旅にできると面白いなと思います。

この記事を書いた人

研究所所長

ページTOPへ