【PR】店舗で使えるキャッシュレス決済を比較。

【PR】店舗で使えるキャッシュレス決済を比較。

キャッシュレス決済とは

キャッシュレス決済は、現金を使わずに電子的な手段で支払いを行う方式です。日本においては、ここ数年で急速に普及しており、クレジットカード、デビットカード、スマートフォンを使ったQRコード決済や電子マネーなど、多様な選択肢が揃っています。このような決済方法の普及は、消費者にとっては支払いの利便性が向上し、店舗にとっては現金の取り扱いによるリスクや手間を削減できるというメリットがあります。

政府もキャッシュレス社会の推進に力を入れており、多くの店舗がキャッシュレス対応を進めることが期待されています。また、コロナ禍において非接触での取引が重要視されるようになり、キャッシュレス決済の重要性はさらに高まっています。

キャッシュレス決済を導入することで、顧客満足度の向上や販売機会の拡大が見込めるため、今後のビジネス展開において不可欠な要素となっています。ポイ活や決済種別でお店を選んでいる消費者は以外に多いです。

では、具体的に店舗でキャッシュレス決済を導入するためにはどのような条件が必要なのか、次に詳しく見ていきましょう。

店舗で使うための条件

店舗でキャッシュレス決済を導入する際には、いくつかの重要視したい条件があります。

まずは、ワイヤレスで利用可能な決済端末かどうかです。特に飲食店などでは、テーブル会計なども想定されます。そうした場合、クレジットカードをお預かりして裏で決済するよりも、テーブルでスマートに決済するほうがかっこいいですし、顧客の安心感にも繋がります。

また、ワイヤレスで持ち運べる端末なので小型です。その結果、レジ周りがすっきりとするとともに、店舗運営がスムーズになります。特に小規模店舗や移動販売などでは、このような端末の利便性が大きく発揮されます。

次に、対応する決済種別の確認も欠かせません。クレジットカードやデビットカードに加え、QRコード決済や電子マネーなど、さまざまな決済手段に対応しているほうが、幅広い顧客層に対応でき、売上の機会を最大化することができます。

さらに、決済手数料や導入コストも考慮する必要があります。多くのキャッシュレス決済サービスでは、一定の手数料が発生しますが、これをどの程度許容できるかを事前に計算し、適切なサービスを選ぶことが求められます。これに加えて、サポート体制や利用者の口コミ、実績なども参考にするとよいでしょう。

サービス提供している会社を紹介

キャッシュレス決済を提供している会社は数多く存在します。各社はそれぞれ異なる特徴やメリットを持っており、自店舗のニーズに最適なサービスを見つけることが重要です。以下に、代表的なサービス提供会社を紹介し、それぞれの特徴を比較してみましょう。

Airペイ

Airペイは、株式会社リクルートが提要するキャッシュレス決済サービスです。次のような特徴があります。

『Airペイ』の特徴
 ◎導入コストが0円(※ご利用には別途iPadまたはiPhoneが必要です)
 ◎決済手数料は業界最安水準。詳細は、Airペイホームページをご確認ください。
 ◎クレジットカードと電子マネーがスマートデバイスと決済端末1台で決済できる!
 ◎月額固定費0円
 ◎売上金の入金回数は最大月6回、振込手数料も全ての銀行で0円!
    ※ゆうちょ銀行はご利用頂けません。

PayCAS Mobile

『PayCAS Mobileの特徴』
 ◎PayPayの決済手数料が2.8%と安価。クレジットカード決済手数料は2.8%~
 ◎加盟店側での金額入力でお客様の操作ミスなし。大画面タッチパネルでスマホ感覚で利用可能
 ◎コードレス端末なので持ち運びしやすい。大容量バッテリー内蔵
 ◎これ1台でレシート印刷も可能
   ※電子マネーはお客様控えのみ印刷されます
 ◎SIM回線搭載で持ち運びが自由なため、さまざまな場所・シーンでのご利用が可能
   WiFiがない環境でも使えます。

 ◎売上金の入金回数は月2回

ページTOPへ